ひきこもりの体力低下
ホーム > ひきこもりの体力低下

ひきこもりの体力低下

2016年06月27日(月)3:27 PM

 

 

 

 

ひきこもりから脱した直後は、運動不足から筋力が落ち、体力は低下しています。

 

 

 

 

コンビニや図書館に通っていれば、多少の体力はついているでしょうが、部屋にひきこもりっぱなしだと、体力は落ちてしまいます。

 

 

 

 

ひきこもりを脱したとしても、すぐに就労することは、この点から無理になるのです。

 

 

 

 

体力や筋力は、居場所やフリースペースに定期的に参加するだけでも回復していきます。

 

 

 

 

居場所などで参加者とウォーキングやスポーツを楽しむことは、気分転換や仲間感覚を回復させるために最良の方法です。

 

 

 

 

意識的に、「体を作る」必要があるのは、バイトや異性とのデートをしようとする場合です。

 

 

 

 

足をくじいたり、半農が遅かったりしてはバイトもうまくいきません。

 

 

 

 

デートでも最低限の見栄えが必要になってきます。

 

 

 

 

効率よく体力、筋力をつけるためには、ウォーキングを毎日30分行うといいでしょう。

 

 

 

 

筋力がついてくると、体温が上がって、気持ちも積極的、意欲的になってきます。

 

 

 

 

就労の意欲は、居場所で様々な情報に触れる中で高まります。

 

 

 

 

ひきこもり外来のように、就労の強制を行わない居場所でも、半数近くが就労するようになるのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援