ひきこもりからの脱出後の社会復帰
ホーム > ひきこもりからの脱出後の社会復帰

ひきこもりからの脱出後の社会復帰

2016年06月25日(土)7:54 PM

 

 

 

 

資格・免許・講座・進学・セミナー・プログラムに取り組んだ

 

 

 

 

人には学びたいという願望はいつまでも残るようです。

 

 

 

 

特に小中学校の不登校から長年引きこもった場合には、高校進学が一般的になっていますので、「高校卒業の資格を取りたい」という思いが強く残ります。

 

 

 

 

小学4年から11年こもったA君、中学2年から17年こもったB君、中3から22年こもったC君は、いずれも「高卒資格認定校」へ通い、見事に高卒認定資格を得ました。

 

 

 

 

どちらかといえば、ひきこもりからの脱出後には、就労より就学のほうが取り組みやすいといえます。

 

 

 

 

大検制度から高卒認定資格に移行したことが取り組みやすさを増しました。

 

 

 

 

現行の通信制や定時制は、年齢主義の息苦しさを十分に乗り越えておらず、また就学期間の長さに対する配慮も不足しています。

 

 

 

 

東京都などでは、中退者が再挑戦するチャレンジスクールがスタートしましたが、競争率が高いという問題が生じました。

 

 

 

 

学歴別で最大層である高校中退群は「再チャレンジの意欲」が極めて強いのが特徴で、大学中退群が大学卒業資格にこだわることがないことと好対照です。

 

 

 

 

高卒認定資格を取った後に専門学校や大学に進学した人、さらに、司法試験や公認会計士、税理士資格などを目指す人もいます。

 

 

 

 

彼らにとって、ひきこもりを脱することは、「希望の学び」と「希望の職業資格」に直結しているのです。

 

 

 

 

企業が不況終了後も新卒採用にこだわる中で、「年齢主義」を超えて学ぶことは、新しい時代の学びの精神といえます。

 

 

 

 

すでに、学問と年齢は繋がらなくなっている欧米のスタイルに近い「新しい学び方」なのです。

 

 

 

 

高卒無業の場合には、大学受験に失敗して、ひきこもったケースが目立ちますが、その失意を周囲がどれだけサポートできるかが、その後に繋がります。

 

 

 

 

完全主義を乗り越えて、合格水準に達していないから不合格は仕方ないと思考転換することが大切です。

 

 

 

 

新しい土地と大学のクラスに馴染めないまま、ひきこもる大学生も目立ちます。

 

 

 

 

大学休学のケースでは社会不安障害や挫折体験からうつ状態へと進むことが多いようです。

 

 

 

 

アルバイトに精を出すかつての「スチューデント・アパシー」と違い、大学生のひきこもりのケースでは、ほとんどが仕送り生活です。

 

 

 

 

高校も大学も第1学年目に中退に至るケース多いことから、「中1ギャップ」「高1ギャップ」に加えて「大1ギャップ」も存在します。

 

 

 

 

大学無業は、就職氷河期世代に多く見受けられます。

 

 

 

 

ある若者は、企業への就職の競争率が100倍にも達する実情から意欲を失ったと述べました。

 

 

 

 

都会で就職できず、地元へ戻っても若者の集まりがないことから、家にいるしかなくなり、アパシー化してひきこもったのです。

 

 

 

 

就職氷河期にまみれた25歳から35歳の世代に、フリーター、ニート、ひきこもりが大量に出現したことから、若者サポートステーションなどの若者福祉が行われるようになりました。

 

 

 

この世代は、文科省の定員増加策によって学生数が他より多い年代にあたります。

 

 

 

 

フリーター、ニート、ひきこもりの就労対策は、もっと大規模に、もっと根本的に行われる必要があるといえます。

 

 

 

 

当事者の3割近くは、高校や大学を卒業して就職就労した後のひきこもりです。

 

 

 

 

社会生活での挫折やうつ状態などによって退職に追い込まれ、回復後にも参加する場所がないままに、世間の目を気にしてひきこもったケースが多いのです。

 

 

 

 

社会復帰のプログラムは、統合失調症やアルコール依存症などでは盛んですが、うつ病からの社会復帰プログラムや家族教室はほとんど存在せず、医師の個別的な精神療法に委ねられているのが現状です。

 

 

 

 

挫折体験に対するカウンセリングや社会復帰プログラムの充実が求められるところです。

 

 

 

 

肩書や学歴に意味が無いことに気づいた

 

 

 

 

「大学くらいでないと・・・」

 

 

 

 

「正社員にはなれていないから・・・」

 

 

 

 

ひきこもりから脱出した時点で、このようなこだわりを示す当事者は多いのです。

 

 

 

 

しかし、学歴だけで通用する時代は、過去のものとなりました。

 

 

 

 

総中流時代の大学は、入学さえすれば、遊んでいても卒業することが出来ました。

 

 

 

 

企業社会が、社内教育しやすい「真っ白な人材」を求めていたからです。

 

 

 

 

ところが、格差社会と少子化の到来によって、大学をめぐる状況は一変しました。

 

 

 

 

企業社会も即戦力を求めるようになり、質の良い卒業生を社会に送り出すことが大学の使命となりました。

 

 

 

 

「大学くらいは」が通用しない時代になったのです。

 

 

 

 

一方で、社会人入試など年令にこだわらない入学が増加しています。

 

 

 

 

自分にあった学び、本当に学びたい学びに気づいてから、大学や専門学校に入学しても遅くない、新しい学びの時代が到来したのです。

 

 

 

 

会社の状況も、誰もが正規の社員になれる時代は終わり、非正規社員での採用が主流となりました。

 

 

 

 

かつては、良い学歴が良い社会と良い生活に直結すると言われましたが、グローバル化という経済変動の中で、親世代とは全く逆に、ほとんどの若者が非正規社員とならざるを得なくなったのです。

 

 

 

 

「正社員」の肩書を保証されない時代に、正社員にこだわり続けることは、アナクロニズム(時代錯誤)に他なりません。

 

 

 

 

働き方にも新しい精神とスタイルが登場してきています。

 

 

 

 

時代状況が、ひきこもり当事者も家から出さえすれば、一般の若者と大差なく見えるようにしてくれたのです。

 

 

 

 

では、学歴、会社がセーフティーネット(安全弁)でなくなった現在、それをどこに求めればよいのでしょうか。

 

 

 

 

「自分自身にとっての最大のセーフティーネットは自分自身である」

 

 

 

 

形式ばった古い価値観にとらわれないで、あるがままの本音を探り当て、自分の適性や能力を活かすこと、それが今からの時代と社会を生きていくうえで最良の方法ではないでしょうか。

 

 

 

 

ひきこもり外来や居場所、親の会などは、そのための格好のスタート地点といえます。

 

 

 

 

フロイトは、人の人格は「社会規範と、個人の本能と、両者を調整する自我からなる」と述べていますが、社会規範が動揺する時代は、「自我」もまた動揺して見失われがちにある時代です。

 

 

 

 

「失われし自我を求めて」(ロロ・メイ)生きる視点からすれば、ひきこもりもそうでない若者も親たちも、みな同じ地平にたっているといえます。

 

 

 

 

若者の混乱を「若者の変容」にすぎないとすることは、「総中流社会」という色眼鏡の効かせすぎといえます。

 

 

 

 

診断名をつけることで若者を理解できると、専門家は考えがちです。

 

 

 

 

しかし若者の世界に実際起きているのは、親世代と同じ生き方が通用しない時代状況に放り出されて、どのように生きたらよいか、どのような社会的役割が可能か、誰とどのようにパートナーシップを組めばよいかといった、同一性(アイデンティティ)をめぐる葛藤・混乱に他なりません。

 

 

 

 

これは、E・H・エリクソンのいう「自己同一性」をめぐる混乱そのものです。

 

 

 

 

 

フリーター、ニート、ひきこもり、パラサイトは言うに及ばず、ボーダーライン、摂食障害、薬物依存症にいたるまでの若者の病理現象の背後に、同一性の混乱を見出すことができるのです。

 

 

 

 

ありのまま自分でいることを学んだ

 

 

 

 

学校や会社で傷ついた当事者には、学校とは異なる価値観に基づく集まり方が必要になります。

 

 

 

スケジュール主義、年齢主義、成績による差別、さまざまな管理主義、義務の強制、何よりも嫌だった村八部的な「いじめ」、居場所がうまくいくためには、このような形式主義から免れていることが必要です。

 

 

 

 

逆に言うと、非「教育」的なスタイルほど当事者の人間性を開放させてくれ、社会参加を促してくれるのです。

 

 

 

 

居場所やフリースペースでは

 

 

 

 

1・一律なスケジュールはなく、参加は任意です。

 

 

 

 

2・さまざまな年齢層がごっちゃになって交流しています。

 

 

 

 

3・場面に対する不安、緊張が強い人は、治療的に配慮されます。

 

 

 

 

4・成績は無論のこと、就労や就学の有無による評価を受けることもありません

 

 

 

 

5・携帯電話の番号やメールを交換することは規制されません。出入り自由で、人の流れがあるために、陰湿ないじめは存在しません。

 

 

 

 

以上から、居場所やフリースペースは、「のびのびすること」「生き生きすること」が出来る場所といえます。

 

 

 

 

「肩書主義」「学歴主義」などの形式にとらわれることなく、「ありのまま」に自分らしくしていられる場所、それが居場所、フリースペースなのです。

 

 

 

 

無論、やりたいことが見つからない場合には、「自分には目標がない」などと悲観しないで、見つからないままにたたずんでよいのです。

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援