ひきこもりのマイナス思考
ホーム > ひきこもりのマイナス思考

ひきこもりのマイナス思考

2016年06月25日(土)5:34 PM

 

 

 

 

ひきこもりから脱した当初は、ひきこもり特有のマイナス思考を背負っています。

 

 

 

 

マイナス思考は自動的に出てしまうことが多く、考えや感情を支配して、行動を後ろ向きにします。

 

 

 

 

引きこもりから脱した後は、少しずつ自分のマイナス思考に気づいていきましょう。

 

 

 

 

自分の認知(思考)、行動、感情に気づく中で、人生が少しずつ前向きになる可能性があります。

 

 

 

 

「マイナス思考」とは、次のような特徴を持っています。

 

 

 

 

1・悪い予測だけが膨らんでしまう。

 

 

 

 

2・確認しないで、他人の考えを決めつけてしまう。

 

 

 

 

3・出来事の成り行きや結果を自分のせいにする。(親のせいにする)。

 

 

 

 

4・ちょっとしたことから、すべてをダメだと決めつけてしまう。

 

 

 

 

5・物事の悪い側面しか見ない。

 

 

 

 

6・自分に悪いレッテルを貼ってしまう。

 

 

 

 

7・自分にだけ厳しい基準を課して、自分は脱落してしまったと思い込む。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援