若者が孤立する理由
ホーム > 若者が孤立する理由

若者が孤立する理由

2016年06月22日(水)3:38 PM

 

 

 

 

近代の日本の社会構造を考えるとき、必ず戦前戦後というフレーズが登場します。

 

 

 

 

それは、終戦を境に価値観が大きく変わったことを示しています。

 

 

 

 

全体から個人へ、大家族から核家族へ、強制から民主へと、「個の尊重」が重視される中で、経済は大きく発展しました。

 

 

 

 

戦後の日本社会は、民主化が進んで、西欧のような「自立した個人による市民社会」が到来すると予想されました。

 

 

 

 

また、「自己責任に生きる強い個人」の育成を掲げて、ゆとり教育(1992)もスタートしました。

 

 

 

 

しかし、世紀末の大不況を経て到達したのは、成熟した市民社会でも、自立した個人社会でもなく、商業主義、消費主義、単身主義が栄え、マスメディアが繁栄する「孤立した」個人の社会だったのです。

 

 

 

 

フリーター、ニート、ひきこもり、パラサイトから摂食障害、薬物依存症などにいたるまで、その激増ぶりは孤立に苦しむ若者の姿を現しています。

 

 

 

 

加えて、社会構造の根本的な変化が出現しました。

 

 

 

 

戦前戦後を、第1、第2の時代とするならば、世紀末の不況を境に、「格差社会」という第3の時代が始まったといえるのです。

 

 

 

 

グローバル化やIT化が進んで、当事者たちの着地点は親世代とは大きく違ってきました。

 

 

 

 

戦後総中流社会の目安であった学歴、会社、結婚、などは、もはや安全弁として機能しなくなりました。

 

 

 

 

世間体や他人の評価を基準にすることも、単身化と孤立化が進む時勢にそぐわなくなっています。

 

 

 

 

親の価値観は、もはや古い価値観となったのです。

 

 

 

 

このように、社会の環境や規範が激変する中で、若者世代全体が、「自己同一性」、すなわち、どう生きるか、誰と生きるかなどをめぐって悩むようになっています。

 

 

 

 

若者の病理の背後に、孤立させる文化とともに、新たに自己同一性をめぐる混乱が加わってきたのです。

 

 

 

 

社会に適応したはずの30代「正社員」までが、人員削減とパソコン労働のあおりを受けて過重労働からうつ病になり、過労死、過労自殺に追い込まれるという状況になっています。

 

 

 

 

ネット心中などの自殺の増加や再び「太宰治」が読まれる現象は、生きる目標が見失われた時代であることを示しています。

 

 

 

 

格差社会の安全弁は、「自分自身を生きること」にあると思われますが、既成の価値観も信じられず、かといって新しい生き方の基準もないという若者の苦しみを先取りしており、時代と社会全体の苦しみのバロメーターであったということがわかるのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援