大学生の引きこもり
ホーム > 大学生の引きこもり

大学生の引きこもり

2016年06月01日(水)12:08 PM

大学に入ると、人間関係が広がって、たくさんの友達ができます。サークルやアルバイトなど、出会いのチャンスもあります。

 

 

 

 

そういった環境で周りがどんどん友達をつくっていくなか、自分だけ仲間が増えないと、不安や劣等感、寂しさを感じて、大学に行きづらくなっていきます。Dくんはまさにその状態にありました。

 

 

 

 

学校生活に挫折して家に閉じこもるようになっても、Dくんは友達をつくりたいという気持ちをもっていきました。大学には行けませんでしたが、近所を歩いたり、両親と話したりすることはできました。

 

 

 

 

そして、両親には素直に「自分と同じような人がいれば話してみたい」と希望を伝えていました。両親はその願いを叶えるためにクリニックを訪れ、相談をもちかけました。そこで自助グループを紹介されたのです。

 

 

 

 

Dくんはすぐにグループに参加しました。そこで仲間をみつけて自分の居場所をみいだし、積極的に参加するようになりました。

 

 

 

 

じょじょに自信をつけ、二年後には大学にも復学しました。本人がクリニックを受診することはありませんでしたが、自助グループを紹介されたことが、改善につながりました。きっかけはどんな一歩でもいいのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援