子育てとひきこもり・ニート・不登校
ホーム > 子育てとひきこもり・ニート・不登校

子育てとひきこもり・ニート・不登校

2016年05月31日(火)12:10 PM

幼少期からの育て方が、その後の子どもの人生を大きく左右していくことは誰しもがわかっていることです。

 

 

 

 

ところが、ついつい過干渉をしてしまう親は、そうすることが間違った育て方だということになかなか気づきません。

 

 

 

 

それよりむしろ、子どもが困らないように、先回りしてあげるのが愛情の表れだと考えている場合がほとんどです。

 

 

 

 

しかし、よく考えてみると、そんな考え方の背景には、「子どものことで気をもんだり、心配をしたくない」という親の気持ちが横たわっています。

 

 

 

 

それはすべての親の「勝手な都合」とも言えます。親の「勝手な都合」のために結局最後に困るのは自分の子どもであるということに、親自身が早く気がつかなくてはなりません。

 

 

 

 

もちろん、親の過干渉だけが不登校やひきこもり、ニートの要因ではありません。

 

 

 

 

このほかにも次にあげるような要因が考えられます。

 

 

 

 

〇 夫婦関係が悪い。

 

 

 

 

〇 家族の誰かが亡くなる。

 

 

 

 

〇 過度の放任。

 

 

 

 

〇 父性が乏しい、母性が乏しい。

 

 

 

 

〇 母子関係が強すぎる。

 

 

 

 

〇 兄、姉の非行・不登校・ひきこもり。

 

 

 

 

〇 親が異常に学歴・世間体にこだわる。

 

 

 

 

〇 親が宗教の熱心な信者。

 

 

 

 

〇 親が定職に就かない。

 

 

 

 

〇 失業・転勤が多い。

 

 

 

 

〇 父親が厳格すぎる。

 

 

 

 

〇 親が威圧的。

 

 

 

 

〇 親が神経質。

 

 

 

〇 過保護。

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援