「勝ち組」と「家庭内暴力」
ホーム > 「勝ち組」と「家庭内暴力」

「勝ち組」と「家庭内暴力」

2016年05月08日(日)6:13 PM

今、世間で脚光を浴びている「勝ち組」という言葉があります。一流企業で出世したり、起業して大金持ちになったりしている人たちを指す言葉のようです。

 

 

 

 

しかし、彼らは本当に幸せなのでしょうか。彼らのような生き方だけが、本当に幸せな人生なのでしょうか。

 

 

 

 

たしかに、格差社会が進行している現在の日本では、所得の多い「勝ち組」を目指せと「いい学校、いい会社」への一直線の路線を、親が子どもに期待する気持ちも理解できなくはありません。

 

 

 

 

しかし、そんな「勝ち組教育」こそが、多くのニートやひきこもり、そして家庭内暴力の若者をいま生み出しているということに、わたしたちはそろそろ気がつくべきなのです。

 

 

 

 

わたしはひきこもり自立支援センターで、そんな若者たちの人生の再出発を、1000人以上支援してきました。

 

 

 

 

彼らの多くは、「友だち親子」の中で自分の目標だと思い込まされてきた「勝ち組えの道」が、「自分の本当の希望とは少し違うぞ」と気づいたときに動けなくなってしまった若者たちです。

 

 

 

 

彼らはひきこもり自立支援センターにやってきて、「多様な体験」を経て「自分なりの希望」を発見すると、経済的価値よりも、人間とのつながり、他人の役にたっているという実感、そして自分の時間を大切にする生き方を選んでいきました。

 

 

 

 

「勝ち組」でも「負け組」でもない、自分らしいスローな人生を選び取っていったのです。

 

 

 

 

もちろん、自分は「勝ち組」であり続けようと努力している若者もいます。それはそれでひとつの生き方ですから、大いにがんばってほしいと思います。

 

 

 

 

日本には、そういう若者も必要です。「勝ち組」や「勝ち組教育」そのものを否定しているわけではないのです。

 

 

 

 

ただ、物質的に豊かに育ってきたいまの若者たちが「多様な希望」をもつ「多様な若者」であることに、早く気づいてほしいだけなのです。

 

 

 

 

この30年で、子どもたちが大人に育っていく環境は大きく変わりました。若者たちの「幸せな人生」のイメージも、親の世代とは大きく異なっています。

 

 

 

 

変化の激しい現代では、親の希望と子どもの希望は、違っていて当然なのです。にもかかわらず、とりあえず「友だち親子」で「勝ち組教育」をめざすという選択肢しか見えない社会の構造自体は、この30年で何も変わっていません。

 

 

 

 

それどころか、「勝ち組」「負け組」という社会の風潮が強くなるにつれ、「勝ち組教育」は、最近ますます加速する傾向にあります。

 

 

 

 

今の「勝ち組」を目指す教育は、常に「負け組」にも転落する危険をはらんでいます。

 

 

 

 

それなりに努力すれば、みんなが「中流」になれ高度経済成長の時代とは違うのです。

 

 

 

 

今の世の中で本当に勝ち続けることができるのは、わずか1%の子どもたちだけでしょう。

 

 

 

 

残りの99%の子どもは、残酷な言い方ですが、いつかどこかで必ず負けるのです。

 

 

 

 

その時、あなたのお子さんは、本当に大丈夫でしょうか。「勝ち組」や「正社員」という「勝ち組路線」にとらわれず、自分の力で「別の道」を探すことができるでしょうか。

 

 

 

 

「生きる力」を失ってしまう危険性はないでしょうか。「勝ち組」を目指すあまりにたくさんの「負け組」を生み出しているいまの世の中が、いつまでも続くとは思いません。

 

 

 

 

反乱は、すでに子どもたち、若者たちの側から起こっているではありませんか。家庭内暴力は、子どもたちの悲鳴です。

 

 

 

 

親へ向けられた、そして社会そのものに向けられた、「助けてくれ」という叫びです。

 

 

 

 

すべてを「勝ち組」「負け組」に分けてしまう世の中が、いかに普通の子どもたちや若者たちを追い詰め、苦しめているか、普通の家族の関係を、どれほど歪めてしまっているか・・・・。

 

 

 

 

子どもたちの悲痛な叫び声に耳を傾けながら、わたしたちはその現実に目を向けなければなりません。

 

 

 

 

家庭内暴力は、社会の悲鳴でもあるからです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援