自分で自分を肯定する
ホーム > 自分で自分を肯定する

自分で自分を肯定する

2016年01月07日(木)2:13 AM

 

ひきこもりやニート・スネップ・不登校の人たちは、自分のことを否定的に見ている傾向があります。

 

 

 

ある有名なモデルさんが、テレビで言っていた話です。

 

 

 

 

「普段は自信満々なのですが、パリコレなどの世界的なファッションショーでは、世界の一流モデルたちが集まっているため、自分が見劣りするようでものすごく緊張する」と。

 

 

 

 

そして、そんなときは、控え室で鏡を見ながら、「わたしが一番きれい」「わたしがいちばん輝いている」と何度も自分に言い聞かせるそうです。

 

 

 

 

すると、だんだんと勇気がわいてきて、本番に堂々と望めるようになるということでした。

 

 

 

 

このように、自分の心にプラスのエネルギーを増やすためには、自分で自分をほめることが有効です。

 

 

 

 

彼女は、自分をほめることで、心にプラスのエネルギーが増えて、自信がわいてくるということを無意識のうちに感じ取っていたのでしょう。

 

 

 

 

しかし、わたしたちは普段、あまり自分をほめる習慣がありません。自分なら、「ここをほめられるとうれしい」というポイントもよくわかっていますし、長所もよく知っています。

 

 

 

 

誰に遠慮することもありませんし、人目を気にして謙遜する必要もありません。

 

 

 

 

それなのに、多くの人が謙遜して、遠慮しすぎているのです。自分をほめることは、モデルだけでなく、どんな人にも効果がある方法です。

 

 

 

 

朝起きて歯をみがくときや、トイレで手を洗いながら鏡を見るときなど、自分に向かって言葉をかけるチャンスはいくらでもあります。

 

 

 

 

自分をほめる習慣を持つと、自分自身で心にプラスのエネルギーをふやすことができ、打たれ強い自分を作ることができるのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援