ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと成功者の言葉
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと成功者の言葉

ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと成功者の言葉

2015年12月16日(水)2:50 AM

ひきこもりやニート・スネップ・不登校の人は自分に自信がない人が多いです。

 

 

 

 

成功者の言葉をまねすることで、自分に自信をつけることができます。言ってみれば自分に暗示をかけるのです。

 

 

 

 

やり方としては、目を閉じて尊敬する優秀な人をイメージしながら、「わたしは能力のある人間です。だから人生もきっとうまくいきます。」

 

 

 

 

と自分に言い聞かせます。そのとき、心の中から、「そんなのは無理だ」という声が聞こえてきたら、「確かに、過去の自分にはできなかったかもしれません。しかし、今の自分なら大丈夫です。」

 

 

 

 

と返事をしましょう。それを繰り返すと、プラシーボ効果で、本当に自分が優秀な人間に近づくことができます。

 

 

 

 

プラシーボ効果とは、まったく薬の効果のないでんぷんのような偽薬(プラシーボ)を良く効く薬だと言って、患者に与えると、実際に症状が改善されるという現象です。

 

 

 

 

この効果は薬に限ったことではなく、いろいろな場面で見られる現象です。

 

 

 

 

たとえば、小学校の生徒たちに、先生が、「君たちは学年でいちばんいい成績をとった優秀なクラスだ」とうそをいったところ、本当にそのクラスは優秀になったというような報告がなされています。

 

 

 

 

逆に、有能な人間も、「君はだめなやつだ」といわれ続ければ、本当にだめになってしまうこともあります。

 

 

 

 

もともと、難しい仕事を命じられたのは、上司がその人ならできると見込んでのことです。

 

 

 

 

つまり、その人はその仕事をするために十分な能力を持っているのです。

 

 

 

 

ですから、やってみればきっとうまくいくはずです。

 

 

 

 

どうしても自信が出ないときは、成功者をイメージし、プラシーボ効果を期待するのもひとつの方法といえます。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援