引きこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと運動
ホーム > 引きこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと運動

引きこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと運動

2015年12月12日(土)2:56 AM

強い心を手に入れたい、折れにくい心を手に入れたい。しかし、何からはじめたらいいかわからない。

 

 

 

 

そんな人におすすめしたいのが、散歩やヨガなどの運動を生活のなかに取り入れることです。

 

 

 

 

折れにくい心を作るためには、体を大切にすることが大事です。なぜなら、体と心は深くつながっているからです。

 

 

 

 

病気という漢字は、読んで字のごとく、「気が病む」と書きます。

 

 

 

 

気が病むとは、心がマイナスのエネルギーでいっぱいになった状態のことです。

 

 

 

 

つまり、気持ちがマイナスに傾くと、体の調子も悪くなるのです。

 

 

 

 

これを逆から考えれば、体の調子が悪くなると、心の状態もマイナスになりやすいということになります。

 

 

 

 

ですから、体を大切にしていつもいい調子を保っておくことが、心のためにも大切なのです。

 

 

 

 

アメリカでは、仕事ができるビジネスマンの多くが、運動を生活の中に取り入れる習慣を持っているそうです。

 

 

 

 

なぜなら、適度な運動をして体にエネルギーを取り入れることは、自分の健康状態をよくし、仕事にもプラスの影響があると彼らは考えているからです。

 

 

 

 

しかし、本当に効果はそれだけではありません。ある研究者は、体を動かすことは、脳神経にいい影響を及ぼし、ストレスやうつ病などを改善させる効果があると発表しています。

 

 

 

 

つまり、運動をすることは、体に直接的にプラスの影響があるだけではなく、脳や心にも直接いい結果をもたらすということです。

 

 

 

 

簡単なヨガやストレッチ、長時間歩くなどの小さな運動でもいいので、体を動かす習慣を積み重ねながら、心を鍛えていきましょう。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援