ひきこもり・ニート・スネップ・フリーターの仕事の進め方
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップ・フリーターの仕事の進め方

ひきこもり・ニート・スネップ・フリーターの仕事の進め方

2015年12月09日(水)2:22 PM

ひきこもりやニート・スネップの人は、何か始めるときにネガティブなことばかり考えてしまい、結局何もできないままあきらめてしまう人が少なくありません。

 

 

 

 

そんなときは、なんでもいいからはじめてみるというのも、プレッシャーを小さくするためには有効です。

 

 

 

 

実際に手をつけてみると、どの程度のレベルの難しさなのかがわかりますし、どのくらいの納期でできそうかも、ある程度の予想がつくからです。

 

 

 

 

何もしないうちは、「すごく難しいことかもしれない」「自分にはできないことかもしれない」「失敗したらどうしよう」といった、漠然とした不安やプレッシャーばかりが生まれますが、その段階で立ち止まっている限り、何も進展しません。

 

 

 

 

迷っている暇があったら、まずは手をつけてみて、それから自分なりにどうするか、対策を立てればいいのです。

 

 

 

 

なかには、手をつけてみたことで、「これは自分ひとりの手におえそうもない」「この納期では間に合わない」などということがわかり、上司に対して「サポートしてくれる人をひとりつけていただければ、大丈夫です。」「納期を少し延ばしていただければ、できそうです」というような希望を伝える人もいるかもしれません。

 

 

 

それはけっして悪いことではありません。できるかどうか不安を抱えながら、返事をずるずると延ばしているよりも、ずっと上司に与える印象はいいはずです。

 

 

 

 

心が折れやすい人というのは、想像力が豊かで、マイナスの方向にイメージが膨らんでしまう傾向があります。

 

 

 

 

それを避けるためにも、頭の中で終わるのではなく、実際に手や足を動かすことを意識してみるといいのです。

 

 

 

 

すると、解決策が見えてくることもあります。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援