引きこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターとプラスの感情
ホーム > 引きこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターとプラスの感情

引きこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターとプラスの感情

2015年12月03日(木)10:15 PM

人間の脳は、楽しい、うれしい、わくわくするなどの良いプラスの感情にさらされると、より活性化して、より能力を発揮することができるようになります。

 

 

 

 

ですから、大きな目標を前にして逃げ出したくなったときは、その途中やゴールの先にある楽しそうなことに焦点をあてると、やりやすくなります。

 

 

 

 

たとえるなら、マラソンの給水地点のようなものを、そのプロジェクトの途中に設けるのです。

 

 

 

 

ある金融機関に勤める男性は、新しい金融商品を販売する部署のリーダーに命じられました。

 

 

 

 

この商品の売り上げ目標は1000万円です。最初のうちはがんばろうと思っても、すぐに、「でも、1000万円なんて本当に売れるのだろうか」

 

 

 

 

「リーダーなのに、新人より売れなかったらどうしよう」というような不安を消し去ることができませんでした。

 

 

 

 

そこで、この男性が考えたのは、1000万円を細かい数字に区切って、小さな目標を少しずつクリアするという方法です。

 

 

 

 

1000万円というと、ひるんでしまった男性も、100万円なら達成できるという気がしてきました。

 

 

 

 

そこで、まずは、100万円を売って、それをクリアできたらチームのみんなとお祝い会を開こうという目標を立てました。

 

 

 

 

そして、1000万円の目標をクリアできたら、自分へのごほうびに海外旅行へ出かけようと決めました。

 

 

 

 

すると、なんだかやる気がわいてきたのです。これは、楽しいことに焦点を当てることで、心にプラスのエネルギーが増えたからです。

 

 

 

 

このように、たいへんそうに見えることでも、その中に楽しみを見出すことで、勇気ややる気がわいてきます。

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援