引きこもり・ニート・スネップ・不登校とストレス
ホーム > 引きこもり・ニート・スネップ・不登校とストレス

引きこもり・ニート・スネップ・不登校とストレス

2015年12月03日(木)8:31 PM

人間は、ストレスがたまればストレスを解消したくなるのは当然のことです。しかし、ストレスがたまりすぎていると、ストレスを解消しようという気力もなくなっていきます。

 

 

 

 

なぜなら、ストレスを解消するにもある程度のエネルギーが必要であり、ストレスがたまりすぎるとそのエネルギーも不足するからです。

 

 

 

 

ストレス解消が大切とわかっていても、ストレスがたまほどストレス解消がうまくいかなくなってしまいます。

 

 

 

 

ストレスがたまればたまるほど、ストレス解消は自然にまかせていてできるものではなくなり、意識して積極的におこなう必要があります。

 

 

 

 

学校でのいじめを我慢していたり、悩み事をいつまでも抱えていたり、慢性的に残業していたりすると、いつの間にかわたしたちはストレスを解消する元気さえ失ってしまいます。

 

 

 

 

どうやってストレス解消をしたらよいのかわからなくなるほどつかれきってしまうのです。

 

 

 

 

最近は「癒し」がブームになっていますが、現代の学校環境や職場環境、または社会環境では、時代や状況の流れに、任せているとストレスはたまっていくいっぽうです。

 

 

 

 

あえて意識的に自分を癒さないとストレスを解消できない環境になりつつあります。

 

 

 

 

ストレスはしらない間に日々、蓄積されていきます。日々蓄積されるストレスに対抗するためには、日々ストレス解消に役立つ行動をどんどん取り入れていくことが重要です。

 

 

 

 

人それぞれ好みはありますが、普段苦手意識を持っていることや、慣れていないことにもどんどんチャレンジしてみましょう。

 

 

 

 

また、ストレス解消には重要なコツがあります。それは、目的や成果を求めるのではなく、「プロセスを楽しむことに集中する」ことです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援