行動に移せないひきこもり・ニート・スネップ
ホーム > 行動に移せないひきこもり・ニート・スネップ

行動に移せないひきこもり・ニート・スネップ

2015年12月01日(火)11:21 PM

やりたいことがあっても行動になかなか移せないひきこもりやニート・スネップの人たちは、何かを始めようとしても、「できない理由」がどんどん浮かんできてしまうようです。

 

 

 

 

そのような人は、できない理由が頭の中に浮かんできてしまったら、すぐに「できる理由」を書き出してみるといいかもしれません。

 

 

 

 

たとえば、次のようなことが考えられるでしょう。

 

 

 

1 自分は健康である。

 

 

 

 

2 日本は自由に何かをやっていい国だ(法律や道徳に違反しないこと)。

 

 

 

 

3 自分にはいざというときに励ましてくれる家族や友人がいる。

 

 

 

 

4 自分は読み書きや計算ができる。

 

 

 

 

5 本を読んだりセミナーに行ったりすれば、やりたいことを学ぶことができる。

 

 

 

 

6 自分と同じような環境からスタートして、夢をかなえている人がいる。

 

 

 

 

7 失敗をしても命までとられることはない。

 

 

 

 

このようにして、「できる理由」を書き出していくうちに、心の中に自信がわいてくるはずです。

 

 

 

 

自信は、大きなプラスのエネルギーを持っています。ですから、自分が自信を持つことは、前に進む大きな原動力になってくれます。

 

 

 

 

日本で生まれて日本で育つと、本当はとても恵まれた環境の中にいるのに、それを「当たり前」に感じてしまうことも多いと思います。

 

 

 

 

しかし、冷静に他の国の環境と比べると、わたしたちは間違いなくチャレンジしやすい状況にあるといえると思います。

 

 

 

 

自由がない国や、食べることさえままならない国に住む人たちから見たら、わたしたちが挑戦することをためらう理由など、どこにもないように見えると思います。

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援