発達障害の歴史上の偉人や天才
ホーム > 発達障害の歴史上の偉人や天才

発達障害の歴史上の偉人や天才

2015年10月11日(日)9:43 PM

歴史上の偉人や天才には発達障害を抱えていた人が少なくありません。

 

 

 

 

日本の歴史を振り返ってみても、戦国時代に「天下布武」を掲げて登場した織田信長をはじめ、エレキテルで有名な江戸中期の奇才・平賀源内、幕末に誰も思いつかなかった薩長連合を結ばせた坂本竜馬、実に19ヶ国語を操ったという明治の博学の巨人・南方熊楠など発達障害であったとされる偉人や天才はたくさんいます。

 

 

 

 

このように、発達障害のある人はまさに磨かれていない原石そのもので、彼らの長所を上手にいかせるなら、水を得た魚のように、その才能を開花させる可能性があるのです。

 

 

 

 

では、実際に発達障碍者の才能を活かすには、どうすればいいのでしょうか?

 

 

 

 

何より大事なことは、1、発達障碍者の特性と適職を知る

 

 

 

 

2、専門教育でサポートする

 

 

 

 

3、就労支援とキャリア・ガイダンスに努める

 

 

 

 

という3つのポイントです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援