高校中退者の転入・編入の受け入れ先の高校~新宿山吹高校
ホーム > 高校中退者の転入・編入の受け入れ先の高校~新宿山吹高校

高校中退者の転入・編入の受け入れ先の高校~新宿山吹高校

2015年09月17日(木)11:43 PM

 

都立高校の中でも、中退者の転入・編入受け入れ先として、平成3年、試験的に設立された新宿山吹高校について紹介します。

 

 

 

 

この高校は、大学のような単位制を採用した無学年制の高校で、定時性課程と通信制課程を併設しています。

 

 

 

 

定時制課程には、普通科および情報科を設置していて、一般的な授業から情報科目の専門的な知識まで学ぶことができます。

 

 

 

 

 

定時制といっても、昼夜間定時制といって朝から開いている学校で、学ぶ時間帯を受献者が選ぶことができます。

 

 

 

 

また、入試の際には教科試験の点数を重視し、内申の影響が小さいため、不登校の生徒さんを広く受け入れている高校ということができます。

 

 

 

 

 

時間割も自分で自由に組めるので、のびのびとして自分に合った高校生活を送ることのできる高校です。

 

 

 

 

また、新宿山吹高校は、都立高校とは思えないような、まるでオフィスビルのような外観をしています。

 

 

 

 

モダンなエントランスは吹き抜け構造になっていて開放感があり、全館冷暖房が完備されています。

 

 

 

 

二階にはいつでも気軽に使用できるラウンジがあり、生徒のコミュニケーションの場になっています。

 

 

 

 

図書館や自習室、パソコンルームも充実していて、一年中使用できる温水プールもあり、多様な生徒のニーズにも対応できるようになっています。

 

 

 

 

昼間定時の4部制なので朝から夜まで授業がありますが、その間をぬって行われている部活動も盛んです。

 

 

 

 

また定時制高校ながら全日制の学校に比べてもそん色ない進学実績を残しています。

 

 

 

 

高い進学率を誇り、毎年多くの生徒がさまざまな大学・短大・専門学校に進学していて、これまで国公立大学や難関私立大学にも合格者を出しています。

 

 

 

 

学習相談や進路、こころの悩みなどの相談に対応できるよう、相談室にはカウンセラーの先生もいます。

 

 

 

 

また、新宿山吹高校は、自分で自分の時間割を作るというのびやかな校風ですが、生徒の学びたい気持ちを尊重してくれる学校です。

 

 

 

 

豊かな個性を育み、社会性を身につけさせ、常に目的意識を持った人間を育成し、社会人として自立できるように教育をしています。

 

 

 

 

生涯学習講座も開講していて、社会人の要望にもこたえられるように、学習の場を提供しています。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援