ひきこもりやニート・不登校の相談機関
ホーム > ひきこもりやニート・不登校の相談機関

ひきこもりやニート・不登校の相談機関

2015年09月04日(金)1:37 AM

ひきこもりやニート・不登校の相談機関のなかには、来所できない人や、様子を知りたい人に向けて電話やメールでの相談を受け付けているところがあります。

 

 

 

 

在宅での相談はあくまでも予備的な話であり、いずれは親か本人が来所することがのぞましいのですが、それでも、外出できない状況から改善に向けて一歩踏み出せるのは、意味深いことです。

 

 

 

 

在宅相談は、話を持ちかける本人と家族にとっても、相談機関にとっても、相手を推し量るための機会です。

 

 

 

 

だいたいの事情はわかりますが、実際の環境や支援態勢までは、お互いによくわかりません。

 

 

 

 

より深く相談するためには、往診をたのむか、本人と家族が来所する必要があります。

 

 

 

 

機関によって対応はまちまちですから、できれば来所して様子をよく確かめたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援