ひきこもりや不登校の自助グループや親の会
ホーム > ひきこもりや不登校の自助グループや親の会

ひきこもりや不登校の自助グループや親の会

2015年09月04日(金)1:19 AM

ひとりで悩んでいても、悩みはなかなか解決しません。民間のグループに参加して、同じ問題に悩む人に相談すると、意外な解決策がみつかるかもしれません。

 

 

 

 

ひきこもりや不登校等のこどもの問題の相談機関の中で、もっとも多様性があるのが、自助グループや親の会などの民間団体です。

 

 

 

 

同じ境遇で苦しんでいる人たちが集まるため、気兼ねなく話せて、精神的な重荷がとれます。

 

 

 

 

また、人の意見を参考にすることもできます。

 

 

 

 

民間団体には、さまざまな形態があります。不登校・ひきこもり専門のグループだけでなく、心の問題全般、子育て相談など、活動内容はさまざまです。

 

 

 

 

それらのグループを利用するときは、数多くの組織から、自分たちにあうところを探さなければいけません。

 

 

 

 

民間団体はそれぞれに対応や費用が異なるため、個別に確認しないと、希望にあうかどうか判別できません。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援