ひきこもり・不登校と精神科
ホーム > ひきこもり・不登校と精神科

ひきこもり・不登校と精神科

2015年08月30日(日)10:24 午後

精神科を受診するのは抵抗がある、という人は、電話相談が可能です。

 

 

 

 

精神保健福祉センターや教育センターなどに問い合わせ、電話相談部門がある機関を紹介してもらいましょう。

 

 

 

 

電話相談で可能なのは、情報提供、家族指導などです。本人の治療は電話では難しいところがありますから、情報を得るために利用するのだと考えましょう。

 

 

 

 

より深く相談するには、直接出かけていって相談しましょう。

 

 

 

 

精神科、児童精神科などの医療機関はたくさんありますが、通院に便利なところがいちばんいいでしょう。

 

 

 

 

そして、ひきこもりや不登校の事例をあつかった経験のある医師を選びましょう。

 

 

 

 

また、家族だけの相談にも応じてくれる先生がいいでしょう。

 

 

 

 

医師は親と子どもと別々に面接することが多いようです。

 

 

 

 

もちろん答えたくないことは話さなくてかまいません。

 

 

 

 

しかし、なぜその点を話しにくいと感じるのかは、じっくり考えてみましょう。

 

 

 

 

案外、大切なことが隠れているものです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援