不登校・ひきこもりと家族療法
ホーム > 不登校・ひきこもりと家族療法

不登校・ひきこもりと家族療法

2015年08月28日(金)10:34 PM

子どもを変えることばかり考えず、親は家族について考えてみましょう。

 

 

 

 

子どもの不登校が親を立ち止まらせ、振り返る機会をくれたのだととらえましょう。

 

 

 

 

家族の新たな関係、新たなあり方について考えるきっかけをあたえてくれたのです。

 

 

 

 

家族療法は、このような観点から、不登校の子どもを支える家族を支えてくれるでしょう。

 

 

 

 

子どもに直接支援をおこなうことができる機関はさまざまです。ひとつの機関だけでその子に適した支援ができないことも多いことから、専門家と話し合い、合理的に支援を組み立てていくことが望ましいでしょう。

 

 

 

 

必要なら心理療法や薬物療法、デイケアなど、適した支援を受けましょう。

 

 

 

 

本人が支援を受けるようになっても、家族への支援は続けるべきです。

 

 

 

 

家族も子どもと一緒に悩んだり不安になったりしているため、心のケアが必要なのです。

 

 

 

 

家族療法もその支援として有効です。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援