ひきこもりについて
ホーム > ひきこもりについて

ひきこもりについて

2015年08月21日(金)1:00 午前

ひきこもりは社会参加を半年以上していない状態です。また、社会生活の再開が困難になって、支援を必要とする状態ですので、ニートとはニュアンスが違うと考えられます。

 

 

 

 

しかし、ニート状態の人の中に、ひきこもりの問題を抱えていて、専門的な支援を必要とする人が含まれていることは、忘れてはいけません。

 

 

 

 

ひきこもりは、不登校であれ、大人であれ、その多くは、家族以外の人とは交流することを避けている状態になります。

 

 

 

 

外出をしないまま何年も自室にこもり、不規則な生活で昼夜が逆転してしまう人も少なくありません。

 

 

 

 

ひきこもり状態の長期化にともない、さまざまな精神症状が出てくることもありますが、まったくでない場合もあります。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援