引きこもり・ニート・スネップのいいこと探し
ホーム > 引きこもり・ニート・スネップのいいこと探し

引きこもり・ニート・スネップのいいこと探し

2015年08月19日(水)9:56 PM

落ち込んだときに気持ちを切り替えるためには、「いいこと探し」をするのが効果的です。

 

 

 

 

「いいこと探し」とはその名の通り、自分の身の回りにあるいいことを探してみるのです。

 

 

 

 

普段、何気なく過ごしているときは気づかなかったような小さないいことも、意識してみると意外とたくさん見つかるものです。

 

 

 

 

どんなに小さなことでも、「いいことが起きた。ラッキー」と自分が思うことができれば、きちんと心にはプラスのエネルギーが生まれます。

 

 

 

 

ですから、気分が沈んだときには、できるだけ早い段階で、いいこと探しを始めましょう。

 

 

 

 

「電車で座ることができた」

 

 

 

 

「たまたま入ったレストランで好きな歌手の歌が流れていた」

 

 

 

 

「怖い上司の機嫌がよかった」

 

 

 

 

探してみれば、そんな小さなラッキーが、一日の中にいくつもあったことを思い出せるのではないでしょうか。

 

 

 

 

自分は決して不幸なのではなく、意外とラッキーな人間なんだと気づくと、ちょっとした嫌なことは気にならなくなります。

 

 

 

 

心がマイナスに傾きかけたときは、自分が喜べることや楽しいと感じることを意識的に探すようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援