ひきこもりのやってみたいリスト
ホーム > ひきこもりのやってみたいリスト

ひきこもりのやってみたいリスト

2015年08月18日(火)9:54 午前

AMEd4s74_do_TP_V1落ち込んだときに、自分を元気づける方法のひとつに、「やってみたいリスト」を作るということがあります。

 

 

 

 

「クラシックコンサートに行く」「どこかに海外旅行に行く」「独立してお店を開く」など、他人に迷惑をかけないことで、やってみたいことなら、何をいくつ書いてもかまいません。

 

 

 

 

どんなに強い思いでも、頭の中で思っているだけだと、いつの間にかその情熱は消えてしまいます。

 

 

 

 

しかし、実際に文字にして、その内容をいつも目にふれるようにすると、脳は常にそれを見るたびにわくわくしてそのためにどうすればいいかを考えるようになるため、かなう確率はぐんと高くなります。

 

 

 

 

これを書いた人は一様に、「心がどんどんわくわくすてくるのがわかった」と言っています。

 

 

 

 

つまり、楽しい未来を思い描くことには、人を幸せにするパワーがあります。

 

 

 

 

やってみたいリストを書いている途中で、「やっぱり面倒だな」「無理かもしれない」という不安な思いが強くなるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、そこで書くことを辞めないでください。

 

 

 

 

そこで引き下がっては、今までの自分から変わることはできません。

 

 

 

 

あまり大げさに考えず、手帳の1ページに「やってみたいことリスト」のページを作ってみるといいでしょう。

 

 

 

 

毎日眺めていると、それが本当にかなうような気分になってきます。

 

 

 

 

すると、挑戦する気持ちもわいてくるのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援