ひきこもりの我慢強さ
ホーム > ひきこもりの我慢強さ

ひきこもりの我慢強さ

2015年08月14日(金)12:25 AM

ひきこもり状態にある人は、一般の若者に比べてコミュニケーション能力には自信がない代わりに、非常に我慢強いことがよくあります。

 

 

 

 

何の娯楽がなくても、お金を使わなくても、お酒やドラッグに走らなくても、ときにはひもじくても粗食でしのげるくらい、彼らは我慢強いのです。

 

 

 

 

そういう能力を一概に否定してしまうことは、その人の生きるよすがを否定してしまうことになります。

 

 

 

 

むしろ、そういう能力を、どんな形で社会生活に活かせるかを考えるほうがよいでしょう。

 

 

 

 

わたしの経験でも、ひきこもっている人が一念発起して就労した場合には、驚くほどの粘り強さを発揮することがよくあります。

 

 

 

 

強制やお仕着せではこうはいきません。自発的に見つけてきた仕事であれば、通常の若者だったら逃げ出すような過酷な条件であっても、長期間勤められる人が少なくありません。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援