ひきこもりが前に進めない理由
ホーム > ひきこもりが前に進めない理由

ひきこもりが前に進めない理由

2015年08月12日(水)10:52 PM

多くのひきこもっている人がなかなか前に進めないのは、自らの社会的ポジションにこだわりすぎているからではないでしょうか。

 

 

 

 

彼らは、自分が自信を回復するには、社会的な名誉を挽回するしかないと思い込みすぎているような気がします。

 

 

 

 

社会的名誉というのは、難しい資格や高い学歴などのことを指しています。

 

 

 

 

わたしはこういう考え方を「理想が高すぎる」とは思いません。

 

 

 

 

資格や学歴は、いわば「世間」が要求する「参加のためのチケット」みたいなもので、彼らがそれを本当に望んでいるようには見えないのです。

 

 

 

 

その意味では彼らはむしろ「自前の理想を持てずにいる」と表現するほうが、ずっと適切なようにも思われます。

 

 

 

 

その証拠となるかどうかはわかりませんが、ひきこもりから実際に資格を得たり、就職したりした人たちですら、その事実だけで「自信を持つ」にいたるには、容易ではないことのほうが多いのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援