ひきこもり・ニート・スネップ・不登校と自信
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップ・不登校と自信

ひきこもり・ニート・スネップ・不登校と自信

2015年08月10日(月)7:27 AM

IMA20160724560017_TP_V自信とは、自分に対する肯定的感情です。つまり愛の一種です。では、どうすれば自分を愛することができるでしょうか。

 

 

 

 

がんばって立派な社会的地位を得ること?そうではありません。それは過程にすぎません。

 

 

 

 

自分を愛せない人が、それでも自分を愛するためには、まず他人から愛されなければなりません。

 

 

 

 

そして他人から愛されるためには、他人を愛さなければなりません。

 

 

 

 

自分を愛することができない人は、しばしば他人を愛することもできない。

 

 

 

 

ならば、どうすれば他人を愛することができるのでしょうか。難しいことですが、決して不可能ではありません。

 

 

 

 

愛すべき他者との出会いを遠ざけないようにすることです。他者との密接な関係抜きでは、なかなか安定した自信は回復できません。

 

 

 

 

長期間ひきこもり生活を送りながら自信が揺らがない人は、よほど自己愛がタフなのでしょう。

 

 

 

 

少なくとも、私にはとてもできません。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援