ひきこもり・ニート・スネップ・不登校生徒の心地よい環境
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップ・不登校生徒の心地よい環境

ひきこもり・ニート・スネップ・不登校生徒の心地よい環境

2015年08月05日(水)11:17 午後

折れにくい心を育てるためには、日頃から自分が「気持ちいいなあ」と思う環境にいる時間を増やすことが効果的です。

 

 

 

 

なぜなら、ここちいい環境に身をおくと、何もしなくてもそれだけで心にはプラスのエネルギーが増えていき、ちょっとのことではへこたれない心を築いていくことができるからです。

 

 

 

 

特に、最近の学生やビジネスマンは、いつも忙しくて、ひとりで静かに過ごせる時間が一日の中でほとんどないという人が多いようです。

 

 

 

 

一日の大部分をストレスの多い学校や職場ですごし、家には寝にだけ帰るだけというような暮らしをしていては、心はいつまでも休まりません。

 

 

 

 

普段過ごしている場所が、リラックスできない状態だと、それだけで心にはマイナスのエネルギーが増えていってしまいます。

 

 

 

 

学校や会社にいる時間が長ければ長いほど、疲れやすく、精神的にも落ち込みやすくなるのは、そのような理由があるからです。

 

 

 

 

ですから、最近、とくに自分は疲れていると思うようなときは、意識的にひとりの時間をつくるようにするといいでしょう。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援