他人の評価を気にしすぎる引きこもり・ニート・スネップ・不登校の人たち
ホーム > 他人の評価を気にしすぎる引きこもり・ニート・スネップ・不登校の人たち

他人の評価を気にしすぎる引きこもり・ニート・スネップ・不登校の人たち

2015年08月04日(火)2:29 午後

 

他人の評価で自分の価値をはかっている限り、いつまでたっても、自分に自信を持つことはできません。

 

 

 

 

なぜなら、今回は相手にほめられたとしても、次回はそうではないかもしれないからです。

 

 

 

 

そのため、他人にいわれた言葉によって、自分の心のエネルギーがプラスになったりマイナスになったりする人は、心が安定することがないからです。

 

 

 

 

そんな人が自分を好きになるために効果的なのが、何かひとつでもいいので、「本当に自分がやりたいこと」を、始めてみることです。

 

 

 

 

それも、一回で終わることではなく、趣味として続けられることを始めると、さらにいいでしょう。

 

 

 

 

しかし、中には、「自分がやりたいことがわからない」という人もいるかもしれません。

 

 

 

 

そういう人は、今日、外出したら帰り道に、大きな本屋さんに立ち寄ってみてください。

 

 

 

 

そして、店の中をグルグルと歩き回ってみてください。

 

 

 

 

大型書店には、たくさんのジャンルの本がありますから、その中にはきっと、自分のこころが「面白そう」とおもえるようなものもみつかるはずです。

 

 

 

 

ある女性は本屋を探索中、「山歩き」をテーマとした雑誌や本が並んでいるコーナーで足が止まりました。

 

 

 

 

表紙の写真を見ていたら、「自然の中を歩くって気持ちいいだろうなあ」という気持ちが心にわいてきたので、彼女はその本を買って帰りました。

 

 

 

 

今までだったら、そこで終わりだったかもしれません。しかし、「自分を変えたい」と思っていた彼女は、その本の中に出ていた登山サークルに連絡を取り、その次の週末には近くの山にハイキングに行くイベントに参加しました。

 

 

 

 

そのイベントが楽しかったので、それ以降、彼女は週末ごとに近くの山に出かけるようになりました。

 

 

 

 

そのたびに、彼女の心にはプラスのエネルギーが増えていきました。

 

 

 

 

そして、いつの間にか落ち込みやすい性格まで克服できたのです。

 

 

 

 

 

 

 
それは、彼女が山に登ることで、いつも心をプラスの状態にすることができるようになったからです。

 

 

 

 

心を強くするためには、好きなことをするのが一番なのです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援