強い心
ホーム > 強い心

強い心

2015年08月03日(月)6:46 午後

elly20160628400123_TP_V1心の中のへこたれない自分を呼び戻すためには、心の中にプラスのエネルギーを増やしていくことが大切です。

 

 

 

そして、プラスのエネルギーを増やすために有効なのが、自分のことを好きになることです。

 

 

 

 

自分と言う存在は、自分の人生に常につきまとっています。24時間、片時も離れることができないのが自分なのです。

 

 

 

 

ですから、自分自身のことを好きになれば、好きな人とずっと一緒にいることになり、楽しい感情、うれしい感情などがわきやすくなるのです。

 

 

 

 

すると、常に心の中がプラスの感情で満たされている状態になり、少しくらい落ち込んで心がマイナスに傾いても、すぐにプラスの状態を取り戻すことができるのです。

 

 

 

 

心が折れやすい人というのは、たいていの場合、自分に自信がありません。

 

 

 

 

そのため、心には常に「こんな自分ではだめだ」というような不安があり、自分自身でマイナスのエネルギーを増やしてしまいます。

 

 

 

 

ですから、折れにくい心を作るためには、日頃から自分のことを好きになるような行動を心がけ、実践していくことが大切です。

 

 

 

 

そのための方法のひとつが、自分との約束を優先するということです。

 

 

 

 

自分に自信が無い人は、無意識のうちに自分よりも他人を大切にしようとしがちです。

 

 

 

 

そのため、「この日は映画を見に行こう」と決めて、ずっと前から楽しみにしていた週末の予定を、たいしてしたしくもない友人の「ねえ、買い物に付き合ってくれない?」というようなひと言で、簡単にキャンセルしてしまったりします。

 

 

 

 

もちろん。それもたまにはいいのです。しかし、いつもいつも自分との約束を破って他人を優先してばかりいると、自分のやりたいことをいつも我慢している状態になり、心にはどんどんマイナスのエネルギーがたまっていってしまいます。

 

 

 

 

そういう人にいいたいのは、「誰にでも、誘いを断る権利はある」ということです。

 

 

 

 

「その日は、予定があっていけないんです。またの機会に誘ってください」といったところで、相手から憎く思われることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援