引きこもり・ニートの折れやすい心
ホーム > 引きこもり・ニートの折れやすい心

引きこもり・ニートの折れやすい心

2015年07月27日(月)10:19 午前

IMARIB20160807065718_TP_V1引きこもりやニートなどの折れやすい心を持っている人は、人生の中で悲しい思い、悔しい思いをしている時間が人より長いといえます。

 

 

 

 

本来、人は幸せな人生を望むものでしょうから、そういう人たちは自分の人生に対するあきらめや悔しさといった複雑な気持ちを心に抱えているものです。

 

 

 

 

しかし、過去の自分がどんなにつらい毎日を送っていたとしても、この先も同じ人生が続くとはかぎりません。

 

 

 

 

いつだって人は、自分次第で人生を変えられるからです。何度も折れて、傷ついた心がもう元のように戻らないと思っているのなら、考えを改める必要があります。

 

 

 

 

心の傷も、体の傷と同じように、少しずつ治っていくものです。

 

 

 

 

すごく傷ついてしまったから、また傷つけられてしまったから、もう立ち直れない、自分の人生はずっと暗いままだと思う必要はまったくないのです。

 

 

 

 

いつも笑顔でいられる自分になりたい。小さなことは笑い飛ばせるような強い自分になりたい。

 

 

 

 

その人が本気でそれを望むなら、その願いは現実のものとなります。

 

 

 

 

いままで何度もチャレンジしてきたのに、すぐにいつもの落ち込みやすい自分に戻ってしまった、という人は、タイミングが悪かったのかもしれませんし、やり方が少し違っていたのかもしれません。

 

 

 

 

そのときはうまくいかなかったかもしれませんが、あきらめなければ、必ず自分を変えていけますから、心配することはありません。

 

 

 

 

その証拠に、世の中にはもともと細い枝のように心が折れやすかったのに、次第に心を鍛えて、今ではうそのように打たれ強くたくましくなった、という人たちが数え切れないほど多くいます。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援