子供の心の傷
ホーム > 子供の心の傷

子供の心の傷

2015年07月26日(日)7:22 PM

AMsakuranoasa_TP_V1集団生活の中で傷ついても、家に帰ってそれを癒してもらうことができれば、子どもの心の傷はすぐに治ります。

 

 

 

 

「お母さん、今日、僕は幼稚園でお友達とけんかしたんだ。僕なんて、幼稚園の嫌われ者なんだ」と子どもがポツリともらしたとき、

 

 

 

 

「心配いらないよ。お母さんもお友達も、あなたのことが大好きよ」

 

 

 

 

と母親がすぐに優しい言葉をかけてあげれば、ダメージはすぐに回復するのです。

 

 

 

 

それは母親以外の誰かでもかまいません。父親でも、おばさんでも、その子どものことを「そのままで大丈夫」と伝えることができる人が周りにいると、子どもの心は元気を取り戻します。

 

 

 

 

しかし、母親が厳しい家では、「友達があなたを仲間に入れてくれなかったのは、あなたのほうにも原因がある」

 

 

 

 

「あなたはわがままだから、お母さんも参ってしまうわ」というような言い方をすることがあります。

 

 

 

 

子どもはこのような経験を幾度となく重ねていくうちに、いつしか、「こんな自分だから愛されないんだ」と、自分を責めて、どんどん自分のことが嫌いになっていってしまいます。

 

 

 

 

そのため、心が折れやすい人の中には、母親に厳しく育てられたという人が多くいます。

 

 

 

 

しかし、母親だって、一人の人間です。疲れているときは子どもにあたることがあっても仕方ないともいえます。

 

 

 

 

間違いなく言えることは、いまさらそのことを責めても何も解決しないということです。

 

 

 

 

そんな人にぜひ実行してほしいのが、「あのときは、本当につらかったね」と、自分で自分のこれまでの悲しみを受け止めてあげることです。

 

 

 

 

それだけでも、心を癒すことができます。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援