ひきこもり・ニートの将来の生活費
ホーム > ひきこもり・ニートの将来の生活費

ひきこもり・ニートの将来の生活費

2015年07月22日(水)1:22 AM

 

「子どもが30年も40年も食いつないでいけるほどのお金は無い」

 

 

 

 

そう思われる親御さんもいらっしゃると思います。

 

 

 

 

あくまで一つの目安ですが、住める家があって、親御さんに2000万円から3000万円の貯蓄があれば、お子さんの将来の生活はなんとか成り立ちます。

 

 

 

 

この金額だけを見て、「とても無理」とあきらめないでください。貯蓄がこの金額に届かないとしても、持ち家を売却するなどして生活が成り立つように計画できる場合が少なからずあるからです。

 

 

 

 

ひきこもりやニートの将来に対する経済的な人生設計は、現在の親御さんの貯蓄だけに頼るものではありません。

 

 

 

 

親御さんの持ち家、生命保険、お子さん自身の国民年金などをすべて活用し、お子さんが平均寿命くらいまで暮らしていけるように計画するものです。

 

 

 

 

そのためには、まず現在の家計を見直し、切り詰められるところは切り詰めることも大切です。

 

 

 

 

家を減築して敷地の半分を売却したり、賃貸併用住宅に建て替えることで家賃収入を得たりする方法もあります。

 

 

 

 

ひきこもりやニートの将来の生活費について、「やはり無理だ。わが子は将来、生活保護を受けるしかない」 

 

 

 

たとえそうだったとしても、親御さんとしてできることはまだあります。

 

 

 

 

ゆくゆくは生活保護を受けるとしても、それまでお金をどう使って、どんな生活を送っていくべきなのかプランを立てておくことが大切です。

 

 

 

 

「生活保護を受けたい」と言っても、申請が通るかどうかわかりませんし、通ったとしてもすぐさま受給できるわけではありません。

 

 

 

 

何のプランもないままでは、口座の残高は減る一方で、気づいたときにはたちゆかなくなっているということになりかねないからです。

 

 

 

 

また、持ち家があると生活保護の対象にならないと思っている人が多いようですが、持ち家に暮らしながら生活扶助だけを受ける道もあります。

 

 

 

 

食費、被服費、光熱費など日常生活に必要な費用を扶助してもらうのです。

 

 

 

 

さらに、心療内科や精神科などの受診で医療費がかさむなら、医療扶助だけを受けられないか模索する道もあります。

 

 

 

 

親御さんが亡くなった時に備えてやっておくべき準備は、経済状況にかかわらず知っておくべきことは多々あります。

 

 

 

 

ひきこもりやニートの将来の生活費について、「やはり無理だ。わが子は将来、生活保護を受けるしかない」 

 

 

 

たとえそうだったとしても、親御さんとしてできることはまだあります。

 

 

 

 

ゆくゆくは生活保護を受けるとしても、それまでお金をどう使って、どんな生活を送っていくべきなのかプランを立てておくことが大切です。

 

 

 

 

「生活保護を受けたい」と言っても、申請が通るかどうかわかりませんし、通ったとしてもすぐさま受給できるわけではありません。

 

 

 

 

何のプランもないままでは、口座の残高は減る一方で、気づいたときにはたちゆかなくなっているということになりかねないからです。

 

 

 

 

また、持ち家があると生活保護の対象にならないと思っている人が多いようですが、持ち家に暮らしながら生活扶助だけを受ける道もあります。

 

 

 

 

食費、被服費、光熱費など日常生活に必要な費用を扶助してもらうのです。

 

 

 

 

さらに、心療内科や精神科などの受診で医療費がかさむなら、医療扶助だけを受けられないか模索する道もあります。

 

 

 

 

親御さんが亡くなった時に備えてやっておくべき準備は、経済状況にかかわらず知っておくべきことは多々あります。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援