引きこもり・ニート・スネップ・フリーターの結婚と仕事力
ホーム > 引きこもり・ニート・スネップ・フリーターの結婚と仕事力

引きこもり・ニート・スネップ・フリーターの結婚と仕事力

2015年07月20日(月)10:54 AM

多くの親御さんは、「結婚は精神的にも経済的にも自立してから」と考えますが、どちらが先でもかまわないのではないか、そう思えてなりません。

 

 

 

 

昔の話になりますが、しっかりしない若者がいると、まわりの年長者が結婚させたものです。

 

 

 

 

わたしの父も、「あいつはしゃんとしないから所帯をもたせるしかない」と言って、親戚や知人の息子などをよく見合いさせていました。

 

 

 

 

実際、家庭を持つと何とか様になる男性は多かったようです。結婚すると仕事力もあがることは、わたしも日頃から目の当たりにしています。

 

 

 

 

それまでどこで働いても続かなかった若者が、子どもができたら仕事を簡単に辞めなくなり、正社員になり、さらに管理職に昇格したなどというケースは珍しくありません。

 

 

 

 

夫になり、また父親になって「仕事も悪くないですよ」と笑う姿を見ると、結婚力と仕事力は別々のものではないことを実感します。

 

 

 

 

いや、結婚力こそ子どもの自立に必要であるとさえ感じます。

 

 

 

 

親御さんもぜひ、お子さんの婚活に励んでいただきたいと思います。

 

 

 

 

ひきこもり自立支援センターの支援は、就労支援から幸せ支援へと幅広く行っています。

 

 

 

 

若者たちから引き出すべきものは、仕事力と結婚力の両方だと、考え方も進歩してきました。

 

 

 

 

ある卒業生のお母さんからいただいた手紙は、今でもわたしの大きな励みになっています。

 

 

 

 

「まさか孫を抱けるようになるとは夢にも思いませんでした。この手に孫を抱いてそんなことを思い出し、涙が止まりませんでした」

 

 

 

 

正社員や年収だけではなく、お子さんが普通の幸せを手に入れて、親御さんは孫を抱けること、これ以上の親孝行はないと思います。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援