引きこもり・ニート・スネップ・フリーターの一番嫌な仕事
ホーム > 引きこもり・ニート・スネップ・フリーターの一番嫌な仕事

引きこもり・ニート・スネップ・フリーターの一番嫌な仕事

2015年07月15日(水)5:00 PM

わたしはかつて、関東自立就労支援センターの寮生や通いで支援をうけている若者たちにこんな質問をしていました。

 

 

 

 

「ここに来て体験してみた仕事の中で、一番好きな仕事は何ですか?」

 

 

 

 

すると、決まって返ってきたのが「別に」という答えでした。寮に入ったり、通いで支援を受けるなどして、しだいに他人とコミュニケーションが図れるようになると、飲食店や介護施設、IT系の企業など、さまざまな仕事体験をさせますが、「自分はこれがやりたい」と積極的に言ってくる子はなかなかいないのです。

 

 

 

 

もちろん、なかには興味が持てる分野を見つけ、自ら道を開いていった卒業生もいますが、それはほんの一部の人です。

 

 

 

 

そこでわたしは質問の仕方を変えてみました。

 

 

 

 

「ここに来てやってみて、一番いやな仕事は何でしたか?」

 

 

 

 

すると、具体的な仕事をあげる声が返ってくるのです。

 

 

 

 

「デイ・サービスだけは、どうしても嫌です」

 

 

 

 

「小さい子の相手をするのは、苦手です。」

 

 

 

 

実際に働いてみると、好きな仕事、やりたいことは見つからなくとも、嫌な仕事ははっきりとしてくるのです。

 

 

 

 

わたしもそれがわかってからは、「一番嫌な仕事は?」

 

 

 

 

「二番目に嫌な仕事は?」

 

 

 

 

という順番で聞くようにしました。そうすると最後に残ったのが、そうそう嫌いでもない仕事だということです。

 

 

 

 

「もうすぐ30歳なんだから、とりあえず、その一番嫌いでない仕事から出発することを考えたほうがいいと思う」

 

 

 

 

そんな言い方をすると、たいていの若者は意外なほどすんなり納得します。

 

 

 

 

「やりたいことを見つけて働きなさい」と迫るのとは違い、すっと心に届くようです。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援