ひきこもり・ニート・スネップ・フリーターと親の正社員願望
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップ・フリーターと親の正社員願望

ひきこもり・ニート・スネップ・フリーターと親の正社員願望

2015年07月01日(水)2:41 PM

ELL92_hikarinisukeruha20130718500_TP_V1関東自立就労支援センターにはいろんな電話がかかってきますが、なかでも多いのが、「息子・娘には何とかがんばって社会復帰して正社員になってほしい」という話です。

 

 

 

実際、ほとんどの親御さんはそう願っていることでしょう。しかし、これは20世紀型の親の価値観の押し付けです。

 

 

 

家から出なかった期間が長くなると、はじめは「とにかく外に出て働いてくれればなんでもいい」と思うかもしれませんが、それも正社員へ続く道と考えるからこそでしょう。

 

 

 

 

晴れて子どもがアルバイトを始めても、それを子どもと喜ぶこともなく、少し時間がたつと、もっと上へ行くように迫る親御さんが多いのです。

 

 

 

 

「次はちゃんと就職して安心させてちょうだい。今のままでは家庭ももてないわよ」

 

 

 

 

「正社員の仕事を探しなさい」

 

 

 

 

やっと歩き始めた自分を認めてもらえないお子さんの心情を想像してください。

 

 

 

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援