ひきこもりの高齢化と社会の負担
ホーム > ひきこもりの高齢化と社会の負担

ひきこもりの高齢化と社会の負担

2015年06月24日(水)2:03 PM

MKJ_mannmarusaboten_TP_V1「ひきこもり」が増加した1990年代。当時小学生であった「ひきこもり」が年を積み重ね、今日の「ひきこもり」問題は30代を中心とした層で展開されています。

 

 

 

 

また、現在の日本では、10代や20代の「ひきこもり」も増加し、「ひきこもり」全体の数の増加が起こっています。

 

 

 

 

多くの「ひきこもり」は、その親の経済的支援によって生活が成り立っていますが、親がなくなった後は、彼らに対する経済的負担は、生活保護という形で社会が背負わなければならなくなります。

 

 

 

 

社会の負担を今以上に増やさないため、また彼らをこれ以上に孤立させないための政策が必要とされています。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援