ひきこもり・ニート・スネップの抱える問題
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップの抱える問題

ひきこもり・ニート・スネップの抱える問題

2015年06月04日(木)4:49 PM

elly20160628400123_TP_V1ひきこもりやニート・スネップ状態の人たちが抱えているのはどのような問題なのでしょうか。

 

 

 

 

わたしは、本質にあるのは21世紀にどう適応するかという問題だと考えています。

 

 

 

 

20世紀から21世紀へと移って10年余り、日本の社会システムは大きく変わりました。

 

 

 

 

この状況にひきこもりやニート・スネップの人たちは、お金の話だけでは、この21世紀の未来は開けないことを感じ取っているのです。

 

 

 

 

人間としての行き方に悩み、戸惑っています。

 

 

 

 

当然のこととして彼らも生まれた以上、恋もしたいし、幸せにもなりたい。

 

 

 

 

社会と折り合いをつけながらそれをどうかなえるか、そういう新しい問題があるのだとわたしは考えています。

 

 

 

 

働かない、家から出ないという表層の現象にとらわれず、問題の根っこに何があるのかを考えてみる必要があります。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援