関東自立就労支援センターのひきこもり・ニート・スネップの社会復帰支援
ホーム > 関東自立就労支援センターのひきこもり・ニート・スネップの社会復帰支援

関東自立就労支援センターのひきこもり・ニート・スネップの社会復帰支援

2015年06月02日(火)2:33 PM

AME887_fuyunozaou_TP_V1ニート・スネップ・ひきこもり、それは学校に行かず、仕事に就かず、結婚もせず、自宅からもほとんど出ない状態の人たちのことを指しています。

 

 

 

 

このひきこもり・スネップ・ニートの人たちは若者だけに限りません。

 

 

 

 

今や、30代、40代、さらには50代に突入するケースも確実に増加しています。

 

 

 

 

親も兄弟も、そして本人も、これから社会復帰に向けて親として何をすべきか、何ができるのか、必死で毎日答えを探していると思います。

 

 

 

 

 

 

そこで、私たちがまず強調したいことは、「ご自身の考え方の根っこから変えて欲しい」ということです。

 

 

 

 

わたしたち関東自立就労支援センター

 

 

 

 

は、約20年にわたってひきこもり・スネップ・不登校・ニートの社会復帰支援にかかわり、1000人以上の利用者を受け入れ、就労に導いてきました。

 

 

 

 

寮での共同生活や通いによる就労支援を通して、人間関係の構築、仕事の体験などさせて、若者が社会人として再出発する手助けをしてきました。

 

 

 

 

現在も、年間300組を超える親御さんが全国各地から相談に見えています。

 

 

 

 

人は誰しも自らの経験に基づいて物事を判断していきますが、社会状況は刻々と変わっています。

 

 

 

 

「うちの子はどうして働こうとしないのか」「甘えて怠けているだけではないか」と悲観する前に、親御さんが彼らの年齢だった頃とは時代がまるで違うということを、まずは頭に入れてください。

 

 

 

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援