今日の引きこもりの家庭訪問
ホーム > 今日の引きこもりの家庭訪問

今日の引きこもりの家庭訪問

2014年02月07日(金)5:34 PM

a0070_000001今日の引きこもりの家庭訪問

 

 

こんばんは。今日もいい天気でしたね。でも明日はかなり雪が降るみたいですね。今日は静岡まで家庭訪問に行ってきました。今回もまた高齢のひきこもりを抱えたお宅におじゃましてきました。電話相談でも個別相談でも家庭訪問でも30代以上の高齢のひきこもりに関する相談がよくあります。本当は高齢になる前に引きこもりやニートの相談をしてほしいと思うのがわたしたち支援者の思いなのですが、そうは言っても今更そんなことをいっても仕方がありませんので、相談された場合はわたしたちなりのアドバイスをするしかありません。60代の引きこもりと聞いてもわたしは全く驚きません。そのくらい日常的にこの年代の引きこもりの相談があるからです。今、10代、20代で引きこもっているお子さんをかかえている親御さんは、家族の力ではどうしようもないと判断したら、なるべく速く信頼できる方や、支援機関に相談されることをお勧めします。よく相談機関に行きますと、しばらく様子を見ましょうと言われることがありますが、様子を見るのはせいぜい1年です。1年経っても何も変化がないときは、そのまま引きこもり状態が続く可能性が高いです。引きこもりの長期化を防ぐためには、何かのきっかけが重要です。家族以外の第三者を家に入れて、引きこもり当事者と話をすることは、小さいことかもしれませんが、きっかけになることがあります。最初は第三者が家に来ても、引きこもりの当事者が会うことを拒否するかもしれませんが、何回か繰り返していくうちに会うようになるかもしれません。第三者と引きこもり当事者の相性が悪い場合は中止することも大切ですが、相性が悪くないと判断した場合は、続けてみることが大切です。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援