子どものひきこもりと家族のひきこもり
ホーム > 子どものひきこもりと家族のひきこもり

子どものひきこもりと家族のひきこもり

2015年04月17日(金)10:55 午後

AMEd4s74_do_TP_V1子どもがひきこもり状態になった時、多くの場合、家族までもが「ひきこもって」しまいます。

 

 

 

 

もちろんひきこもりの当事者とは状態が異なり、家族はそれぞれの社会生活を過ごしてはいるのですが、自分の子どもが(あるいは兄弟姉妹が)ひきこもっているという事実を秘密にするため、その家族にとって一番苦しい問題(家族がひきこもり当事者を抱えている)を普通に語ることができず、その家族は社会から隔絶されたように感じます。

 

 

 

 

しかし、最初から秘密にしているわけではありません。

 

 

 

ひきこもりの本人から見て祖父・祖母・親戚などに家族は相談します。

 

 

 

 

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援