引きこもりとニート
ホーム > 引きこもりとニート

引きこもりとニート

2014年02月04日(火)5:08 AM

001引きこもりとニート

 

 

「ニート」とは「Not  in  Education,  Employment  or  Training」の頭文字(NEET)からくる英国での

 

 

造語で、直訳しますと、「就業、就学、職業訓練のいずれもしていない人」になります。日本においてこれにあ

 

 

たるものは、内閣府による「平成17年青少年の就学に関する研究調査」の報告書に記載された、いわゆる職に就

 

 

いていない若者(無業者)について「高校や大学に通学しておらず、独身であり、ふだん収入になる仕事をして

 

 

いない15歳以上35歳未満の個人(予備校や専門学校などに通学しているものも除く)」とした定義があり、これ

 

 

がわが国のニートの定義ととらえられています。職に就いていなくとも就職希望を表明し、求職活動をしている

 

 

「失業者」はニートから除くと定義することによって、そのような状態にある者を統計的に把握することが可能

 

 

となりました。しかしその一方で、就業意欲があっても、家族の介護などにあたるために求職活動をしていない

 

 

「家事手伝い」もニート(非求職型)として扱われることなどにみられるように、ニートは支援の必要性とは独

 

 

立して捉える概念となっています。引きこもりについては、少なくとも半年以上は社会参加ができずにいる状態

 

 

であり、かつ、社会生活の再開が著しく困難になって精神保健・福祉・医療の支援対象となる状態を言いますの

 

 

で、支援の必要性の深刻度という視点から用語を使い分ける必要性があります。しかし同時に、ニート状態の人

 

 

の中には、専門的な支援を要する人が少なからず含まれていることを心得る必要があります。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援