発達障害と引きこもりとニート
ホーム > 発達障害と引きこもりとニート

発達障害と引きこもりとニート

2015年02月25日(水)10:14 午後

gori0I9A9910_TP_V脳機能の発達の偏りによってもたらされる障害は、実に幅広く多様です。

 

 

一般に発達障害といった場合は、注意力に欠け、落ち着きが無く、時に衝動的な行動をとる「注意欠陥・多動性障害(「ADHD)」、社会性(対人スキル)に欠ける「広汎性発達障害(PDD)」これには「自閉症」、高機能自閉症(HFPDD)]、「自閉症スペクトラム障害(ASD)」「アスペルガー症候群(AS)]などがふくまれます。

 

 

読む、書く、計算するなどの能力のうち、ある特定の学習能力の習得に困難をともなう「学習障害(LD)」、知的能力に遅れのある{知的障害(精神発達遅滞)」、運動や手先の器用さが劣る「発達性協調運動障害」などをすべて含みます。

 

 

このように発達障害とは、実に広範な概念であり、これらを発達障害の一語でひとくくりにして、その全体像をとらえるのは極めて困難です。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援