ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと発達障害
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと発達障害

ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと発達障害

2015年02月25日(水)11:56 AM

AME887_fuyunozaou_TP_V1発達障害者には「ちょっと変な」「ちょっと困った」独特の言動が見られます。その原因は、脳の機能障害にあるといわれています。

 

具体的にいいますと、「中枢神経系(脳)の発育・発達が、何らかの理由(遺伝、妊娠中・出生時の異常、乳幼児期の病気など)で、生まれつき、または乳幼児期に損なわれ、言葉、社会性、強調運動、基本的な生活習慣、感情や情緒のコントロールなどの発達が、未熟、アンバランスになるために起こる」と考えられています。

 

ごく大雑把に言えば、脳機能の発達の凸凹(偏り)が原因であり、一次的には家庭環境や本人の性格などは関係ありません。あくまで本質的な原因は脳であり、心の問題ではありません。

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援