ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと発達障害
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと発達障害

ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと発達障害

2015年02月24日(火)6:04 PM

MARSEIRYUSYOKUBUTU_TP_V発達障害障害という言葉は、近年、かなり世の中に認知されてきました。新聞、テレビ、インターネットや一般書籍などで取り上げられることも増加し、いまでは医療界だけでなく、教育、心理、福祉、など幅広い分野で注目を集めるようになっています。

 

 

 

たとえば、2005年(平成17年)4月に発達障害者の自立と社会参加を目指す「発達障害者支援法」が施行されたほか、2007年(平成19年)4月には特別支援教育が学校教育法に盛り込まれ、2008年(平成20年)には保健所保育指針が40年ぶりに改定されました。また近年では大学でも発達障害のある学生への支援体制を強化する動きが出ています。

 

 

 

発達障害は、とてもわかりにくく、見えにくい障害であるため、しばしば当事者は、その言動から怠け者や変わり者、自分勝手なわがまま人間と思われることが多いなど周囲に誤解されやすく、また理解や協力が得にくい面があります。

 

 

 

中途半端に言葉だけが先行し、理解が伴わないとかえって発達障害者やその家族などを苦しめることにもなりかねません。適切なサポートとケアを行うには、周囲の正しい理解と協力が不可欠です。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援