ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと大人の発達障害
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと大人の発達障害

ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと大人の発達障害

2015年02月24日(火)9:44 午前

MAR86_midorinokouyou_TP_V1もういい大人なのに、整理整頓ができない、忘れ物やささいなミスが多い、約束や時間を守れない、すぐにキレる、空気が読めない・・・。

 

 

 

あなたの周りにも、そんな「ちょっと困った人」はいませか?あるいは、あなた自信がそのように思われている可能性はないでしょうか?

 

 

 

もし、そうだとしたら、その原因は「大人の発達障害」かもしれません。

 

 

 

「発達障害」と聞いて、それは子どもにだけあらわれる症状なのでは、と思われた方も多いかもしれません。

 

 

 

しかし、発達障害はむしろ大人になってから顕在化することが多いのです。

 

 

 

発達障害は決して珍しいものではありません。

 

 

 

ある統計では、15歳未満の子どもの1割以上が何かしらの発達障害の症状を示すという結果も出ています。

 

 

 

そして、その多くが、発達障害であることに気づかないまま大人になっていきます。

 

 

「障害」という日本語が誤解を与えがちですが、この症状は知能の発育にのみ関係するものではなく、勉強の成績がトップクラスの子の中にさえ、発達障害の子はいます。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援