社会復帰できるひきこもり・ニートとできないひきこもり・ニートの違い
ホーム > 社会復帰できるひきこもり・ニートとできないひきこもり・ニートの違い

社会復帰できるひきこもり・ニートとできないひきこもり・ニートの違い

2015年02月18日(水)10:47 PM

elly20160701005919_TP_V1現在ひきこもりやニートの状態で何もしていない人でも将来的には社会復帰をして精神的・経済的に自立したいと思っている方もたくさんいると思いますが、社会復帰できる引きこもりやニートと社会復帰できない引きこもりやニートはどこが違うのか簡単に記してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

社会復帰(この場合は学校に通うことと、仕事をすること)できる方によく見られる特徴としては、ひきこもり・ニートの期間が3年以内である・思春期の時期に学校に通っていた・スポーツをしていた・精神的に健康である・親子の信頼関係が築かれている・友人がいるなどがあげられます。

 

 

 

 

 

 

 

逆に社会復帰が難しい方は、ひきこもり・ニートの期間が3年以上である・うつ病、発達障害等の精神病である・思春期の時期に不登校でほとんど学校に通っていない・親子の関係が悪い・友人がいない等です。

 

 



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援