ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと生活保護の申請
ホーム > ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと生活保護の申請

ひきこもり・ニート・スネップ・不登校・フリーターと生活保護の申請

2015年02月14日(土)11:08 PM

PPP_ooyamakaranokeshiki_TP_V1関東自立就労支援センターには生活保護に関する相談がたまに来ますが、現在、20代半ばのひきこもりの男性の生活保護受給申請の相談に関わっています。生活保護の申請は、原則として本人が直接書類か口頭で役所の担当者に申請しなければならないため、人と話をすることが苦手な人や、部屋や自宅に引きこもっていて外に出られない人などはこの役所の担当者と会って話をしなければいけないことを嫌がって、申請を諦めてしまう人も少なくありません。今回の場合は、この男性が8年くらいひきこもり生活をしていて外に出られないため、役所の担当者に家まで来てもらいました。そして、ひきこもりの男性と担当者が話をして、無事に申請が完了しました。通常は申請から14日以内、遅くても30日以内に生活保護の受給が認められるか否かの結果が出ます。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援