ニート・引きこもりの各種相談の傾向
ホーム > ニート・引きこもりの各種相談の傾向

ニート・引きこもりの各種相談の傾向

2014年01月20日(月)4:39 PM

a1180_011457ニート・引きこもりの各種相談の傾向

 

 

こんばんは。今日も家庭訪問や個別相談、電話相談でいろんな方たちからいろんなご相談がありました。相談の

 

内容に関してはそれぞれのご家庭によって異なりますが、最近の傾向として、25歳前後のニート・引きこもり

 

の相談と、30歳以上の高齢のニート・引きこもりの相談が多いように感じています。性別で見ますと、女性が

 

多いのも特徴です。この傾向が一時的なものなのか、これからも続くのかは今のところはわかりません。今年に

 

入ってから早くも20日が経ちましたが、相談の件数も例年よりも多いです。今年1年が終わったときに相談の

 

件数や年齢、傾向がどのようになっているのか今のところ全く見当がつきません。今後、どのような相談があっ

 

てもわたしたちは、1件1件誠実に対応していくしかありません。正直に言うと、この活動をしていて、厳しい

 

ことやつらいことの方がうれしいことよりも圧倒的に多いのが本当のところですが、やっていてよかったと思え

 

ることもありますので、これからも1件1件のご相談に真摯に向き合っていきたいと思います。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援