引きこもる社会人たち 2  
ホーム > 引きこもる社会人たち 2  

引きこもる社会人たち 2  

2013年12月25日(水)12:44 PM

引きこもる社会人たち(3)

 

40~50代の引きこもりが増えています。朝目覚めたら金縛りに遭い、家から一歩も出られなくなる。大人に

 

なってからでもそんなことがあるのです。なぜ突然、体が動かなくなるのでしょうか。その心理的メカニズムに

 

ついて明星大学人文学部の高塚雄介教授が、このように説明します。「心理的なメカニズムで起こるのは、一種

 

のヒステリー反応です。建前としては、こうしなければいけないという認識はあるけれど、実際にはそれができ

 

ないときに葛藤が起きる。その葛藤処理がうまくいかなくなったときに、体が動かなくなるんですね。ヒステリ

 

ー反応の中には突然音が聞こえなくなる、目が見えなくなる、声が出なくなるといったことも起きます。また、

 

突然の豹変や、キレるといったこともあります。」こうした症状は、病気ではなくて誰にでも起きるといいま

 

す。ではなぜ、ヒステリー反応が起きるのでしょうか。「疾病利得といって、それ以上、本人が苦しまなくてす

 

む。体が動かなくなれば、周りが心配してくれる。それを口実に、何もやらなくてすみます。体が病気を作って

 

くれる自己防衛本能ですね。」典型的なのが、金縛り現象です。会社でいやなことがあって、翌朝起きようと思

 

ったら、体が動かない。押さえつけられているような感じになる。そして結局、会社を休んでしまう。これも疾

 

病利得です。翌日になったら、無理してでも会社に出かける人もいれば、そのまま長期欠勤になる人もいます。

 

会社のほうでも心配して、会社の産業医や心療内科へ生かせると、その多くは、心身症や、鬱病などと診断され

 

ているといいます。では、引きこもり予備軍ともいうべき自覚症状は何でしょうか。「眠れない。イライラす

 

る、何となく落ち着かない、漠然とした不安につきまとわれる・・・・・などは要注意です。ただ、治療が必要

 

か、心理学的ケアがいいのか、最初に判断のできる窓口が大事になってきます。日本は、心のケアの対応が遅れ

 

ています。」引きこもりもニートも対策の中に一緒くたにされてきました。ですが、日本のニートの定義は曖昧

 

で上限も34歳までです。35歳以上の引きこもりは置き去りにされています。

 

ひきこもる社会人たち(4)

 

都心のIT企業に勤める30代半ばの鈴木さん(仮名)は突然、会社に行かなくなった。いや、正確には行けな

 

くなった。両親と都内の実家で同居していた鈴木さんは、一人っ子で独身です。ある日、会社に行こうとしない

 

鈴木さんに母親が理由を聞くと、一言だけこう漏らしました。「もう疲れた・・・・」以来鈴木さんは5年にわ

 

たって家に引きこもるようになりました。会社には退職届等の書類を提出することもなく、そのままフェードア

 

ウトしました。ITという言葉が、時流に乗りつつある時代でした。会社では、連日自宅に帰れないほど働きま

 

した。ですが、いつものように残業していた真夜中にぷつんと緊張の糸が切れた感じがしたといいます。それま

 

でお金を使う暇がなかったために、会社を辞めても預金だけでしばらく暮らしていけました。家では、好きなパ

 

ソコンやゲームにのめり込みました。「まじめでこだわりが強いタイプなのになぜ?」と周囲は首をかしげまし

 

た。制作会社でモノ作りの仕事をしていた40代前半の木村さん(仮名)も、会社を辞めてから、3年ほどひき

 

こもりました。「腰が痛くて動けない」というのが退職の理由です。ところが、病院や整体などに行っても「特

 

に問題はありません。」と言われました。今にして思えば、「会社に行きたくなかったのかもしれない。」と思

 

っています。もともと、木村さんは人と話すことが好きな性格です。しかし、そんな社交的で積極的な性格が、

 

逆に黙々と働く職人の現場で煙たがられるようになりました。周囲に話しかけても無視されるようになりまし

 

た。こうして職場に復帰できなくなる障壁が人間関係にあるケースも多いのです。木村さんは、首都圏近郊の実

 

家で両親と同居しています。妹はすでに結婚していて家を出ています。家では読書をしたり、夜になると、コン

 

ビニや、レンタルビデオ店に出かけたりして、昼夜逆転の生活を送っています。

 

ひきこもる社会人たち(5)

 

大手企業に勤める30代後半の伊藤さん(仮名)は、すでに会社を1年半以上休んでいます。会社を休みはじめ

 

たきっかけは、「眠れない」日々が続いたことです。たがて、朝起きられなくなって、会社に出勤できなくなり

 

ました。会社の健康相談室が理由を聞くと、上司が「毎日業務日誌を書け」などとうるさくて、ねちねちと細か

 

い性格が気に入らないと言います。すぐに感情的になって怒り出すようなところも我慢できなかったようです。

 

「こういう上司の下では働けないし、働きたくない」と、伊藤さんは訴えました。そして、健康相談室から紹介

 

された精神科の医師に診てもらったところ、うつ病と診断されました。抗うつ剤や睡眠導入剤などを、処方され

 

たものの、医者の言うとおりに薬を飲んでも何の効果もありませんでした。会社はこの間、休職扱いになりまし

 

た。独身の伊藤さんは、東京郊外の実家で、父親と二人暮らしです。といってもその間ずっと家に引きこもって

 

いたわけではありません。気が向くと、アフリカや南米などにもふらりと旅行に出かけていきました。旅先で

 

は、人が変わったように生き生きとしています。そんな元気はあるのに、職場には出勤できませんでした。

 

後にわかってきたことがあります。産業カウンセラーが、面接を続けたところ、伊藤さんはこれまで研究者とし

 

て、長い年月のスパンで研究し、提案してきました。ところが、伊藤さんはその後開発部に異動になりました。

 

そこは半年くらいの短いスパンで、絶えずあたらしいものを開発するセクションでした。「10年くらい前か

 

ら、企業では合理化対策で、研究部と開発部を統廃合し、早く回転して行こうという流れになってきています。

 

消費者のニーズに合わせて、次々と新商品を出していかないと、企業間の競争に負けてしまうからです。昔のよ

 

うに、長年研究したものを発表して成果を出せばいいという古き良き時代は終わってしまったのです。」と、産

 

業カウンセラーは、伊藤さんの置かれた現実の背景を説明します。その流れに乗れなかった人たちが、会社を

 

離脱していき、「大人のひきこもり」の一端を担う根底にあるのかもしれません。

 

 

ひきこもる社会人たち(6)

 

「足が痛い」大手企業に勤める40代前半の田中さん(仮名)は、そんな症状を最初に訴えはじめました。以

 

来、一年以上にわたって会社を休んでいます。その頃から朝、目が覚めても、体がだるくて起きられなくなりま

 

した。もともと不眠の症状も続いていて、やがて、会社に出勤できなくなりました。きっかけは、些細なことで

 

した。上司が本来仕事に使うべき予算を使い、適当な名目をつけて、不必要な備品などを買いあさっていたので

 

す。田中さんは、持ち前の正義感から、そのような不正をどうしても許せなかったのです。そして、上司に「こ

 

ういうものを買うのは禁じられているのではないか」と指摘しました。上司は「わかった。部長とも話し合お

 

う」と答え、三人で話し合いの場を持つことになりました。しかし、逆に部長から「田中君は被害妄想的なんじ

 

ゃないか?どうも体の調子も悪そうだね。医務室へ行きなさい。」と言われてしまいました。医務室では外部の

 

精神科に行くように促されました。しかし、精神科で医学的に検査をしても、どこにも異常が見られませんでし

 

た。統合失調症の症状もなく、うつ状態や痛みを防ぐための治療を受けました。医師は、「足の痛みは、精神的

 

な問題からくるのではないか」と診断しました。医師の診断書も出たので、会社は休職扱いになりました。田中

 

さんは、結婚していて、妻と小さな子供がいます。専業主婦の妻は心配するものの、田中さんは働きに出ようと

 

しません。家では時々、子供と散歩したり、公園でバスケットボールをしたりする以外は、基本的に引きこもり

 

がちになりました。昼は近所の目への後ろめたさで、つい外出をためらうのです。しかし、夜になると、安心感

 

から活動をはじめ、夜中はずっと起きているようになりました。不登校児と同じ心理です。「あの二人の上司を

 

いまも恨んでいる。きちんと対応してくれていれば、こんな状態にはならなかった。」と田中さんは憤ります。

 

正義感が仇になるところも、引きこもりの典型的なケースの一つなのです。  つづく



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援