子育て相談~物で机を叩いて泣き叫ぶ高2の娘~
ホーム > 子育て相談~物で机を叩いて泣き叫ぶ高2の娘~

子育て相談~物で机を叩いて泣き叫ぶ高2の娘~

2020年08月04日(火)1:43 PM

 

 

相談事例

 

 

中学で仲良くなった友達がすごく口の悪い子で、日増しに言葉遣いが悪くなってきました。妹にも「そこどけ!」「なめてんのか?」などと言います。提出物の締め切りが過ぎているのに取りかからないことも多く、見かねて注意すると地団駄を踏み、机をバンバン叩き、「言われなくてもわかってる!やってる!」と大声で泣き叫びます。

 

 

手元にあるものを持って、机などを叩くことはよくあります。生活態度を注意した時は、「うるさい!こんな家出ていってやる!」と怒鳴って、寒空の中、パジャマで飛び出していきました。私が連れ戻すのも癪に障るので、妹に連れ戻しに行かせたら、さすがにパジャマ一枚では寒かったのか帰ってきました。時々、寝言でまで「もう!」「なんでそんなことになんの?」「 知らないってば!」などと怒っています。娘に対してどのように対応したらよいか悩んでいます。

 

 

 

 

回答  お子さんの辛さをわかってあげて、遠巻きに見守りましょう

 

 

 

自立心が強い子の場合、親の過干渉に激しく抵抗するものです。 このお子さんも親に干渉されることが、嫌で嫌でたまらないのだと思います。自立心が強いということは悪いことではありません。お子さんの自主性を尊重してあげましょう。

 

 

パジャマで飛び出したのも、干渉されたくないからでしょう。ただ、本気の家出ではなく興奮して飛び出しただけでしょう。「私はこんなに辛いのだ、苦しいのだ。頼むから放っておいてくれ」という激しい心の叫びです。提出物や宿題など、気になることはいろいろあるでしょう。けれど、 もう小学生ではないのです。

 

 

気になることがあっても、「 提出物の期限過ぎてるけど、大丈夫?」と軽い口調で聞く程度にとどめましょう。いずれにせよ、このお子さんは今、寝言で文句が出てしまうほどに辛いところに追い込まれているのだということを、親は理解してあげてください。



メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-424-7855
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援